最近の夜行バスは進化している|快適なシートが登場

海の周遊をエンジョイ

好みのプランで海を楽しむ

婦人

色々なプランがある東京湾クルーズは、状況に合わせて使い分けが出来る海のレジャーです。出航する時間帯が幾つかに分かれており、スケジュールや利用するシーンを考慮しながら選べます。海の景色を海上で楽しむのが、東京湾クルーズの1つの目的です。海の風景は時間帯によって変化していきますので、選んだプラン次第で東京湾クルーズの楽しみは変わります。昼間の海の開放感が味わえるのが、お昼や午後に出航する東京湾クルーズです。天気が良ければ、晴れやかな海の景色を船の上からに眺められます。夕日や夜景でロマンチックなひと時を過ごしたい場合は、夕方から夜の時間帯に行われる東京湾クルーズがおすすめの選択です。東京湾クルーズの船にはレストランなどが設けられていますので、船内で食事が楽しめます。食事つきのプランは、クルーズだけでは少し物足りないと感じる方にも適しています。ランチやディナーの専用メニューを用意する東京湾クルーズもあり、趣向の変わった外食を希望する時には選択肢の1つとなってきます。近ごろの東京湾クルーズは、乗船だけであればかなりリーズナブルな料金で利用が出来ます。クルージングを目的とする方は、最小限の費用で利用が出来る、クルーズのみのプランを選択すると非常に合理的です。クルージングは、大体において1時間から2時間程度の内容となっており、海の雰囲気が存分に感じられます。ただ、時間帯の選定を間違えると、希望通りの海の景色が眺められなくなるため、出航時間は要チェックです。

圧倒的に安い運賃

玩具のバス

皆さんは最近、需要が急増している夜行バスの旅をご存知ですか。多くの方は長距離移動をともなう旅行の場合、航空機や新幹線などの交通機関を利用されるでしょう。これらの交通機関を使えば、短時間で目的地まで行けるメリットがありますが、運賃は高くついてしまいます。そこで旅気分を味わいながら移動できる夜行バスの旅が注目され、利用者が急増中です。夜行バスを使う上での最大の利点は、ホテルや旅館などに宿泊しなくてもバスの中で寝ながら、目的地まで移動できる点です。この為、宿泊費用を節約する事ができるメリットがあると評判になっています。また、夜行バスを利用する際の費用は、航空機や新幹線などの運賃と比較しても半額程度の運賃で目的地まで行く事が出来ます。この事から夜行バスを活用する事によって、運賃と宿泊費用を一緒に節約する事ができ、節約したお金を他の事に使えるなどの効果を生み出します。夜行バスの料金は、移動距離やバスのグレードによって様々です。出発地から遠くに行くほど料金は上がり、バスの座席スタイルによっても変わってきます。座席が一席ずつ独立しているシートタイプのバスは割高になりますが、気楽に乗車できる点やカーテンで仕切る事が出来るため人気です。夜行バスの料金体系は独立シートのバスで、200キロ程度の移動距離につき2000円〜3000円前後が平均的な価格となっています。現在ではインターネットから簡単に予約が行えるのも、利用者が増えている理由のひとつといえるでしょう。

バスのメリット

バス

九州を移動する公共交通機関のひとつとして高速バスがあります。高速バスは高速道路等を使用する路線バスで主に都市間の移動を目的としたものです。通常の路線バスとは異なり都市間の移動に特化しているのが特徴です。本州でも都市間の高速バスは多く見られるようになりましたが、九州は高速バス路線が網の目のように張り巡らされており高速道路も直線状に通っているので所要時間も短くて済み、かつ本数も多いため公共交通機関の手段として鉄道よりも強みがあります。九州の高速バスは福岡博多を中心として路線網が張り巡らされているので福岡博多からであれば九州の名だたる都市へのアクセスが便利です。また高速バスといえばバスごとに料金を支払うというものですが、九州にあるバス会社のほとんどで使える共通フリーパスの「SUNQパス」があり、それらを使えば路線バスを含めて九州全土の移動がスムーズに行えます。バス路線網は福岡博多を起点として大分、熊本、佐賀、長崎、宮崎、鹿児島の主要都市と結ばれています。所要時間もJRの在来線列車とそれほど大きな違いがありません。なによりもバスは本数が多く福岡博多から熊本へは1日に100便が運行されていますし、各都市とも60便から30便程度運行されているので利便性に優れますし、JRや飛行機を利用するよりも割安な料金で移動が可能です。また夜行高速バスも運行されているので、鉄道よりも柔軟に移動手段として利用することができます。